ゴローズ【高橋吾郎氏の人生】

  ゴローズ goro’s 【ゴローズ設立者。高橋五郎氏の人生】

高橋吾郎氏が独学で勉強し、1966年青山に小さなショップをオープン。

その後、アメリカに渡りインディオからシルバーの彫金を学び、現地のインディアン族であるスー族のメディスンマンのヴィジョンより、日本人で初めて「イエローイーグル」というインディアンネームを授かりました。

 

元々インディアンジュエリーを作り始めたきっかけはアリゾナで高橋吾郎氏が作ったレザーのバッグやカービングベルトなどを「どこで買ったのか?」と聞いてきた男である。

ゴローズ商品はこちらから

その人物とは友人にもなり、現地のネイティブ達が作る銀細工のやり方を教わるきっかけにもなった。

そして、そこで初めて本場のインディアンジュエリーに触れる機会が出来、高橋吾郎氏にとってのシルバーアクセサリーの始まりにもなりました。

 

「僕のつくった 物が人の手に渡り、その人が歩む人生を僕も一緒に旅をするんだ。素晴らしい事だ」


と言葉を残しています!!

 

帰国後に、ショップを青山から現在の原宿へと移転し、正統派インディアンジュエリーに高橋氏の独創的な感性が加味されて、更にパワーアップし洗練されたラインを創作し始めます。

 

そして90年代前半には、制作が間に合わないほどオーダーが殺到し、一躍シルバーアクセ界での名声は不動のものとなりました。多くのファッションセレブをファンに持ち、 芸能人では・・・

 

元SMAP 木村拓哉

8798b3d2ea6a6665c43312ecaf39807805f5e7bf.16.1.25.2

 

 

金子賢

10817764_1578130752409793_357490533_n

V6 三宅健

 

EXILE タカヒロ

TAKAHIRO_20140903221943fe1

土屋アンナ

e0188759_1426987

 

などが愛用していることで有名にもなり、現在でもお店の前にはゴローズを求めて早朝から長蛇の列が出来るほど人気である。

ゴローズ商品はこちらから